スイス漆喰の利点

私は某工務店にて現場監督をしているのですが、今回スイス漆喰についてお話ししたいと思います。漆喰と言えば、昔の日本か家屋の屋根、瓦の隙間に施工したり、外壁部分に施工しているイメージがありますが、カルクウォールというスイス漆喰は内装壁に使用します。最近ではたくさんの壁紙が出てる中、やはり白い塗り調の壁紙はメインクロスとして選らばるお客様が多いですが、これを壁紙ではなく実際に塗っていきますので、やはり見た目の感じもリアルで良いです。そしてこの漆喰には消臭効果や調湿効果もあります。壁紙にも消臭効果があるものもありますが、身を持って体験することは難しいと思います。しかし数ヶ月後に実際に使われたお客様の家にメンテナンスに行くと、全くの無臭で昨日も焼き肉をしたのに全然匂いが残ってないので驚いています。と言われていました。新築の匂いと良く言いますが住宅は生活していく上で、その方のお家の匂いになっていきます。それが無くなるので、気持ち的にもいつも新築の気持ちでいてもらえるのではないでしょうか。そして私現場監督の立場からの意見ですが、木造住宅においてクロスの割れは仕方のないものだと思います。しかしこの商品は漆喰なので、割れてしまっても上から塗って簡単に補修も出来てしまう優れものです。皆様もぜひご検討ください。

スイス漆喰の利点」への1件のフィードバック

  1. WordPress コメントの投稿者 のコメント:

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントは締め切りました。