断熱効果で翌朝は心地の良い目覚め

みなさまの中で日頃から睡眠不足の方や、よく眠れない方はいらっしゃいますか。仕事の疲れをとりたいけど、なかなかとれない、快適な睡眠がとれて翌朝すっきりした目覚めになりたい。ですがその睡眠不足の原因がご自宅の温度差によっておこっているとしたらどうしますか。実は家の熱の出入りが激しいとその家にお住いの方に多大なストレスをかけてしまい、睡眠不足や、長く寝てもすっきりと疲れが抜けないことがあります。

熱の出入りが激しい原因は家の断熱効果が弱いことで起こるのです。断熱効果が弱い家はエアコンを入れた部屋とそうではない部屋の温度差が大きいのです。

また一つの部屋の中においても温度差が大きくなり、温かい空気は段々と上に上がっていき、冷たい空気が段々と下に下がっていくのです。

この時、多くの人は室内の温度計を見ると適正な温度をさしているように見えるのですが、部屋の中ではこのように空気の対流が起きていて、高い温度差が生じているのです。

そしてこの温度差を小さくできるのが断熱材の設置なのです。断熱材を設置することによって室内の温度が一定になり、屋外からと屋内への熱の出入りも少なくなり、エアコンの効きもさらによくなるのです。その結果しっかりとした疲れのとれる睡眠になり、翌朝の目覚めも大変心地の良いものになるのです。是非断熱材を使うことによって快適な睡眠を手に入れてください。