内部結露の防止へ気密シートを壁に設置

住宅を建てるとき、断熱材を入れさえすれば、結露を防げて何も問題がないと考えてはいけません。取り付け方を間違えると、内部結露といって壁の中で結露がおき、住宅の寿命を縮めることになってしまいます。一般に住宅の壁は外側から構造用の合板、断熱材、石こうボード、クロスでできています。住宅を支える構造部分として働くだけでなく、断熱の役割も果たしています。内部結露が起き、断熱材が腐ると、構造材にも影響が及びます。その結果、住宅自体の寿命も短くなるのです。構造用の合板は板を接着剤で貼り付けており、外部の湿気を通しにくい構造です。しかし、石こうボードは多孔質で、室内の湿気を中へ浸透させやすいのです。このため、断熱材と石こうボードの間に気密シートを入れることが大切です。断熱材もすき間なく敷き詰めた方が湿気の影響を受けにくくなります。しかし、建設業者の間では気密シートを使わないところがときどきあります。内部結露の問題に気づいていないケースも考えられますから、住宅を建築する際は気をつけておきましょう。