住宅のカビと断熱材との関連性

建物に対しては、たまにカビが発生する事があります。それは居住環境を悪くしてしまう事は明らかでしょう。建物内のカビが多い状態は、あまり衛生的ではありません。またカビが多ければ、建物に対する負担も大きくなってしまいます。それで建物の使用年数が、短くなってしまう事もあるのです。

ところで建物に対するカビは、実は断熱材と密接な関連性があります。結論を申し上げれば、できる限りカビを防ぎたいと思うなら、断熱材に着目する方が良いでしょう。

というのも建物に対しては、結露が生じてしまう事があります。時には建物のガラス部分などに対して、結露が生じる事もあるでしょう。あれは、温度差が主な原因なのです。もちろん結露が生じれば、カビも増加してしまいます。

ところが優れた断熱材が使われた建物ですと、結露も生じづらくなる傾向があります。特に浴室などは、断熱材1つで結露の発生率は大きく変わってくるのです。ですから断熱材は、重要な役割を果たしていると言えるでしょう。